健康に良い食事法は1日30品目以上取ること

睡眠、運動、食事が健康維持のための3本柱だと思っています。

私は特に食生活には気を使っています。

規則正しいバランスの良い食事が基本ですが、つねに意識しているのが、品目数と油です。

よく「1日30品目以上摂取するのが、健康に良い食事法」といわれます。

けれど実際にはなかなか毎日30品目というわけにいきませんので、私はミックスのフルーツジュースや野菜ジュースで品目数を増やすようにしています。

たとえば昼食が牛丼だった場合、食後にかならず多種類ミックスのフルーツジュースを飲むというやりかたです。

それとみそ汁の具の種類を多くする方法。たとえば大根と小松菜、それに小口切りのネギと油揚げを加える、といったやり方です。

これでけっこう品目が増やせます。

もう一つ、健康に良い食事法として私が実践しているのが、うまく油を摂ることです。

油というと健康の敵のように思われがちですが、摂る種類と方法によっては、むしろ健康増進に役立つと思うのです。

私が毎日摂っているのは、ラー油とオリーブ油。

ラーメンやパスタはもちろん、たとえば炒め物を作るときにサラダ油に加えたり、ラー油をいろいろな料理にカラシ代わりに使ったり、パンにオリーブ油をつけたりしています。

その代り、油分の過多にならないよう、揚げ物はなるべく避けるようにしています。

こうした食生活を始めて5年くらいになりますが、体調は良好ですし、風邪をひきにくくなったように感じています。

Leave a Comment