健康に良い食事の割合とは3:4:3です。昼に多く食え!

健康に良い一日の食事の割合は、3:4:3と言われています。つまり一日の内、お昼の食事を

最も食べるのが健康には良いのです。なぜお昼に一番食べるのが良いかというと、

一日の内で最も代謝が活発で、脂肪燃焼効率が良いからです。また、お昼に沢山食べれば、

満腹感がある程度夜まで持つので、夕飯を食べすぎることが減ります。

逆に夜は代謝が下がるので、消化に良い物を食べるのが良いです。食べる時間もなるべく

早くした方が良く、眠る3時間前までには終えた方が健康には好影響です。

朝食を抜くという方もいると思いますが、朝に食事を摂らないとエネルギーがうまく体に回らず、

頭もよく働きません。朝は食欲がないという方は、ヨーグルトに果物を入れるなどして、

うまくカロリーを摂るようにしましょう。

一日の食事比率がほとんど一緒なのも、健康にはプラスです。食べる量がほぼ同じなので、

代謝を高く保つことができるためです。

いくら3:4:3の割合を守ってもカロリーを取り過ぎると意味がないので、一日トータルで適度な

量を守る必要があります。

Leave a Comment